So-net無料ブログ作成

英国の通販サイト clove でスマートフォンを買ってみた [スマホ・タブレット]

Posted on 25 October 2014

スマートフォンをネット通販で購入する人も居ると思いますが、最近海外のサイトで購入したので、購入の流れを書き残してみました。

ただし、サイトの構成や購入手順の流れは随時更新されると思うので、この情報が正しくない場合もあります。ご利用の際にはご自身で確認してご注意ください。

まず、スマートフォンを購入する海外のサイトとしては、以下のようなところがメジャーらしく、検索ヒット率も高いですね。

【 Expansys 】
http://www.expansys.jp/
サイトも日本語表記で価格も日本円表記なので、分かりやすいですね。自分も、過去に数度利用したことがあります。

【 1shopmobile 】
http://www.1shopmobile.com/

【 clove 】
http://www.clove.co.uk/
英国のサイトなので、表示は英語で価格表記は基本イギリスポンドですね。今回利用したサイトがココです。

【 handtec 】
http://www.handtec.co.uk/
clove同様、英国のサイトです。表示が英語で価格がイギリスポンドという点も同じです。今回ここを利用してもよかったんですが、最後は値段で clove にしました。

では、clove での買い物手順です。

1.clove のサイトに行きます。

Image01.png

2.商品を選びます。

選んだら、[ Buy ]のボタンをクリックします。

Image02.png

3.Basket の表示を確認して、配送先の国名と配送会社を選びます。

画面右上に Basket の欄があるので、バスケットの内容を確認します。商品が正しければ、[ Show Delivery Costs ]をクリックします。

Image04.png

[ Please select country:]をクリックして国名のドロップダウンリストを表示します。

Image06.png

ドロップダウンリストから Japan を選びます。

Image07.png

国際郵便、DHL、FedExの中から、運送会社を選びます。会社によって送料が異なります。以前から FexExを利用した経験があったので、今回は FedEx にしました。
国際郵便の安さは魅力なんですが、FedEx だと何度か使ったことがあったのと、別の方のブログで国際郵便はごく稀に商品がロストすると書いてあったので・・・。

4.支払手続きを行います。

運送会社欄のすぐ下にある[ Secure checkout ]をクリックして支払に進みます。
以下の画面で内容を確認し、[ Check out with PayPal ]か[ Continue Securely ]をクリックして先に進みます。

Image08.png

[ Continue Securely ]をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

Image10.png

今回は PayPal で支払をしました。[ Checkout with PayPal ]をクリックします。

Image13.png

PayPal アカウントにログインします。

Image14.png

PayPal にログインすれば、自分の情報が表示されます。内容を確認して[ 同意して続行 ]をクリックします。

Image15.png

cloveのサイトに戻り、PayPal に登録済みの情報が自動的に入力されます。

Image17.png

画面下の Password 欄に登録するパスワードを入力します。これを行うと clove のアカウントが作成されます。アカウントIDは、入力したメールアドレス、パスワードはこのパスワード欄に入力したものになります。アカウント作成することで、ログインして自分のオーダーとステータスを確認することができます。
逆に、オーダーとステータスの確認なんてできなくていいのであれば、パスワード欄に何も入力せずに先に進めばいいんだと思います。
自分は、ちゃんとオーダーの確認ができた方がいいので、パスワードを決めて入力しました。

これで、発注作業は完了です。

ちなみに、このような買い物をする際に、クレジットカード情報を入力したくない場合、後は PayPal ぐらいしか有効な支払方法がないことが多いですね。銀行振り込みとかがあるケースもありますが、日本からは海外送金になってしまうので、逆に敷居が高くなってしまいます。
最初の方に書いた、Expansys でも PayPal での支払いは可能でした。あらかじめ PayPal のアカウントを作っておく必要がありますが、海外のサイトで時々買い物をされる方ならアカウントを作っておいた方が便利かもしれません。
PayPal のアカウントを作る場合の注意点ですが、目的がこのように海外の通販サイトでの支払いであれば、住所や名前は英語で登録しておく方がいいです。PayPal で支払をする場合、その情報が通販サイトの発注者情報にコピーされることが多いので、日本語表記では困るので。
(訂正)今回のように、PayPalのアカウント情報が通販サイトの送付先にコピーされるようなケースでは、PayPalアカウントを英語表記で登録しておくと便利かもしれません。ただ、PayPalは決済だけなのでcloveの配送先情報が英語表記であれば、PayPalの登録内容自体は日本語表記でも大丈夫なような気もします。
自分は、PayPalのアカウント自体を英語表記で登録してしまっているので、PayPalが日本語表記で登録されていると、何か不都合があるのかどうかまでは確認することはできませんが・・・。多分大丈夫なんではないかなぁ、と推測します。確証はありませんが。

PayPal のアカウントを作った時の記事は、こちら。
PayPal アカウントを作ってみた → http://corgi758.blog.so-net.ne.jp/2013-10-07

しばらくしたら、clove からメールが来ました。

Image19.png

メールに書かれている URL をクリックすると、登録が完了すると書かれているので、そのようにします。

これで、clove へのアカウント登録が完了したはずなので、ログインして先ほどのオーダーを確認してみます。

Image20.png

ちゃんとオーダーが登録されているようです。ここで[ View Order ]をクリックすると、以下のような表示がされます。

Image21.png

5.荷物の追跡

clove が実際に荷物を発送すると、以下のようなメールが届きました。

Image22.png

これで荷物が FedEx の管理下に入ったので、後は FedEx のサイトで輸送状況の確認をします。上のメールに書かれているサイトに行ってみます。

Image23.png

Tracking Number に、先ほどのメールに書かれている Tracking ID を入力します。

Image24.png

FedEx がきちんと荷物をピックアップされていることが分かります。

その後、手元に届くまでに数日かかりましたが、最終的には FedEx のサイトでは以下のような表示となりました。

Image26.png

このように、細かい内容で配送の途中経過が確認できるので、安心できます。今回の経由を見てみると、
イギリス → フランス → 中国(広州) → 成田
と旅してきたことが分かります。

ちなみに、今回の宅配は、最初不在で荷物が受け取れませんでした。その時に表示される画面をコピーしておくのを忘れたので貼り付けられませんが、「不在で配達完了しませんでした」と表示され、連絡先のページURLが表示されます。
家にも不在票が置かれており、そこにも再配達依頼先の電話番号が書かれています。FedEx の場合、最初の配達は FedEx 自体が行いますが、再配達は別の宅配会社に依頼されます。今回は、再配達の電話をしたときに「日通」か「佐川」になりますと言われました。
どこの会社だったか忘れましたが、以前 FedEx の再配達をした会社が、家の場所が分からなくて「近くまで来たんですが、家の場所がわからないんです。どこですかあ?」って電話かかってきたことがありました。

海外通販サイトでの買い物にしても、PayPal の利用にしても、FedEx の情報にしても、ネットを検索すれば色々な情報が手に入ります。
しっかり準備して、楽しい買い物をしてください。

(追記)品物を受け取った後・・・
海外からの買い物をする場合、通関が行われて輸入が許可されます。買った品物によっては関税がかかる場合もあります。また、購入際(今回の場合には英国)の付加価値税はかかりませんが、日本の消費税はかかるようです。あまり通関に詳しくはないので、間違っていたらごめんなさい。

この、輸入の許可を含んだ通関に関する処理や、関税や消費税などの支払いは、FedExの場合だとFedExが行ってくれているみたいです。以前、別のサイトで買い物をして海外から取り寄せた場合にもFedExを利用したのですが、その時も同じでした。

で、その時にFedExが肩代わりして支払った関税・消費税などが、後で請求されます。これは、FedExから請求書と共に輸入許可通知書が郵便で送られてきます。その中に必要情報が記載済みの振込用紙が入っているので、コンビニに持って行って支払するだけです。到着後10日以内に払ってくださいと書かれています。また、FedExが手続きの手数料を加算しているようで、今回は500円でした。

関税に関しては、品物によって税率が違うので、どの程度になるのかは調べてみないと分かりません。今回の場合には関税はかかりませんでしたが、消費税や手数料などで、計3,400円かかっています。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

kota

はじめまして。
cloveでBlackberryClassicの予約をしましたので参考にさせていただきたいと思います。
送料は日本円でいくらでしたでしょうか?
また、PayPalの住所を英語で記載する方法がわかりませんでした。
英語でないと後に面倒になるのは、具体的にどのような場面でしょうか?
教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。
by kota (2014-11-28 00:43) 

ぱるにゃん

kota 様
つたないブログをご覧いただきありがとうございます。

まず、送料ですが、今回の場合にはcloveで買い物する際に29ポンドと表示されました。
PayPalからクレジットカードに決済がかかった時点で、品物代と一緒に計上されましたが、その際の決済レートは今回の場合1ポンド=174.095円でした。
したがって、送料だけを計算すれば、29*174.095=5048円くらいです。
レートに依存するので、円安だとつらくなりますね。今だと、ポンドは186円近いので、最終的な決済レートは190円くらいになってしまうかもしれません。そうすると29ポンドの場合では29*190=5510円程度でしょうか。
あと、ご存知かもしれませんがFedExの場合には、通関処理はFedExが行ってくれますが、その時にかかった関税や消費税などが、後で請求されます。このことはブログ記事の最後に追記しました。

PayPalのアカウントの英語表記の件ですが、紛らわしい表記をしてしまい、申し訳ありません。確証はありませんが、PayPal自体は決済だけのはずなので日本語登録でも大丈夫かもしれません。ただし、自分で試したことはないので実際のところは分かりません。
今回のサイトのように、PayPalのアカウント情報が通販サイト側にコピーされるようなケースだと、PayPalが英語の場合には、そのままコピーされた情報のままで構わないので便利で楽かなぁと考えた次第です。海外からの買い物は敷居が高いので、すべて英語表記で統一しておけば何か余計なことを考えなくて済むので気が休まるといった程度で、少しでも考えなくて済む状況を作っておきたかったという感じです。何か特定の不都合が起きる状況に遭遇した経験がある訳ではないです。
記事中の記載は訂正させていただきました。

最後に、もしPayPalのアカウントを訂正される場合ですが、住所の修正はPayPalにログインした画面で、[マイアカウント]の中の[個人設定]から可能です。登録メールアドレスや電話番号などもここで変更できます。
唯一、ネットでできないのが氏名の変更で、自分は氏名を日本語表記→英語表記に変更したことがあるのですが、この時の話は過去のブログに書いてみました。ただ、昔と今では状況もやり方も変わっているかもしれません。
by ぱるにゃん (2014-11-28 12:45) 

kota

お返事が遅くなりすみません。
丁寧な説明ありがとうございました。
おかげさまで、現在中国まで来ているようです。
初めての海外購入でしたので非常に参考になりました。
FedExからの関税や消費税の請求額が心配ですが
あと数日楽しみに待ちたいと思います。

今後もこちらに寄らせていただきます。

本当にありがとうございました!
by kota (2015-01-10 02:05) 

kota

書き忘れましたが自分も
BIC SIM (IIJmio) にしました。
by kota (2015-01-10 02:10) 

ぱるにゃん

お役に立てて良かったです。
by ぱるにゃん (2015-01-10 13:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0